夜な夜な下半身を丸出しにして興奮していた?好きな女の車に体液を塗りつけた51歳の男を逮捕!静岡藤枝市

好意を寄せていた同僚の女性の車に体液を塗りつけたとして、51歳の男が器物破損罪で逮捕されました。

一度だけではなく、何度も体液を塗り受けていたようです。

この記事では、犯行の動機や器物破損罪について、世間の反応などを調査しました。

もくじ

事件の概要

同僚の女性の車に自分の体液を塗り付け汚したとして、静岡県島田市の51歳の男が逮捕されました。男は女性に好意を寄せていたということです。  器物損壊の疑いで逮捕されたのは島田市南の会社員の男(51)です。    男は3日午前2時45分ごろ、藤枝市大東町の住宅に停めてあった46歳の女性の車に、自分の精液を塗り付けて汚した疑いがもたれています。  被害者の女性から「何度か自分の車が汚されている」という届け出があり、警察が周辺を警戒していたところ、男を発見し現行犯逮捕しました。  警察によりますと2人は会社の同僚で、男は女性に対し好意を寄せていたとみられています。  警察は今後の捜査で犯行に至った詳しい理由など明らかにしていくとしています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

同僚の女性の車に自分の体液を塗り付け汚したとして、静岡県島田市の51歳の男が器物損壊の疑いで逮捕されました。

51歳の男は2023年1月3日午前2時45分ごろ、藤枝市大東町の住宅に停めてあった46歳の女性の車に、自分の精液を塗り付けて汚したようです。

とても気持ち悪いですね。

被害者の女性が「何度か自分の車が汚されている」と警察に訴え、警察が車の周辺を警戒していたところ、51歳の男が体液を車に塗りつけている現場を発見し、現行犯逮捕となりました。

警察によると、容疑者の男と被害者の女性は会社の同僚で、男は女性に対し好意を寄せていたそうです。

何度もついていた車の汚れが、男性の体液だなんてわかったら、もうその車には乗れませんよね。

被害者の女性には、深く同情します。

体液とはどのようなものを指すのか

前提として、『体液』について、ニュース報道などでは具体的な説明がなされていないことが多いですが、ほとんどの場合、精液を指していると理解して良いでしょう。

出典:https://atombengo.com/

唾液・尿・汗・精液など、体外に排出される様々な液体を「体液」といいます。

しかし、ニュースの報道で出てくる「体液」は、ほとんどの場合「精液」のことのようです。

今回の事件では、もしかしたら尿や唾液なども考えられます。

しかし、被害者の女性は「何度か自分の車が汚されている」と警察に相談しているので、汚れがはっきり残る精液が濃厚ではないでしょうか。

犯行の動機は?

現在調査中のため、犯行に至った動機は明らかになっておりません。

逮捕された51歳の男性は、被害者である46歳の女性に好意を寄せていました。

もしかしたら、被害者の女性を食事に誘うなどをしてもまったく相手にされなかったため、腹いせに自分の体液を車にかけたのかもしません。

もしそうなら、何度も女性の車に体液をかけているので、相当根に持つタイプなのでしょう。

とても気が弱い男性で、好意を寄せた女性に声をかけられず、車に体液をかけることで性欲を発散していたのかもしません。

どのような理由にせよ、正月早々何をやっているんだと呆れてしまうと同時に、男性のことを想像しただけで気分が悪くなりますね。

モノに体液をかけると器物破損罪?

まず、被害者の身体ではなく、被害者の衣服やバックなどの物品に体液をかけてしまった場合には器物損壊罪(刑法261条)が成立します。

器物損壊罪というと、他人の所有物を物理的に破壊したときに成立する罪というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、他人の物を物理的に破壊した場合だけではなく、当該物の効用を害したといえる場合には、器物損壊罪が成立すると言われています。

例えば、物理的に破壊していないものの物に尿をかけただけで器物損壊罪の成立を認めた例もあります。
被害者の衣服などに体液をかければ、当然、その衣服を着用しようとは思えないでしょうから、衣服の効用を害したとして器物損壊罪が成立する可能性が高いでしょう。

これは、被害者の来ている衣服等のみではなく、置いてあった他人のバッグに体液をかけた場合でも同様といえます。

なお、器物損壊罪の法定刑は、3年以下の懲役、又は30万円以下の罰金等と定められています。

出典:https://atombengo.com/

今回のケースでは、被害者の身体にかけたのではなく、持ち物である車に体液をかけたため「器物損壊罪」が適用されています。

もし、女性に体液をかけた場合でも、体ではなく衣服やバッグなどについた場合は「器物損壊罪」が適用されるんですね。

そんな器物破損罪ですが、どのくらい重い犯罪なのでしょうか。

刑法261条によると、3年以下の懲役、または30万円以下の罰金、もしくは科料が科せられます。

ちなみに科料とは、1000以上1万円以下の金銭納付を命じられることです。

逮捕された51歳の男は、何度も車を汚していますし、科料では済まないと思います。

3年以下の懲役か30万円以下の罰金が科せられるのではないでしょうか。

世間の反応

この男はどうせ女性に相手にして貰えないと思っていて、相手にして貰えないならせめて…という気持ちなんだろうな。仲良くなれると思ってたら相手が嫌がる事はしないだろう。相手が既婚者だとしても、普通の友達として仲良くなろうとは思わなかった。

同性の私でも、この行為は気持ち悪いですよ。他の方もコメントしているように、新車買い替えの費用を請求しても良いと思います。正月早々こんな事件なんか止めて欲しいわ。

車買い換えの費用も出させないと我慢できんな…

寒い中よくできるな。逆に関心する。

歳を言いたく無いけど、、、やはりこの歳してって言いたくなる。

よくこんなくだらんことを思いつくな。

思春期だと自分の気持ちをどう行動に示せばいいのかわからず、変態的行動に出てしまうのは悪いことだし相手の気持ちを考えれば肯定はできないけど、理解はできます。 でもこの年齢だとヤバいですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ