50万円のダウンジャケットを持ち帰った男を逮捕!転売目的?米子市

2022年12月21日の午後11時半ごろ、米子市内の飲食店で鳥取市無職の男性(47)のダウンジャケットを持ち帰った男(72)が逮捕されました。

ニュースの概要、なぜ他人のダウンジャケットを持ち帰ったのか、占有離脱物横領とはどのような罪なのか調査しました。

もくじ

ニュースの概要

12月25日午前0時すぎ、米子警察署は占有離脱物横領の疑いで、米子市の無職の男(72)を逮捕しました。 米子警察署によりますと、男は12月21日の午後11時半ごろ、米子市内の飲食店で鳥取市の無職の男性(47)の時価約50万円相当のダウンジャケットを誤って持ち帰り、そのまま自分のものにした疑いがもたれています。ダウンジャケットには現金も入っていたということですが、調べに対し、逮捕された男は、ダウンジャケットを間違って持ち帰ったことは認めたものの、横領の意図は無く、現金についても「知らない」と答えているということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

2022年12月21日午後11時半ごろ、米子市内の飲食店で米子市在住無職の男(72)が、他人のダウンジャケットを持ち帰ったあげく、自分のものにしたとして逮捕されました。

逮捕された男は、鳥取市の無職の男性(47)の約50万円相当のダウンジャケットを持ち帰ったとされています。

ダウンジャケットのポケットには、現金も入っていたようです。

逮捕された米子市無職の男性(72)は、ダウンジャケットを持ち帰ったことは認めているが「横領の意図は無かった。」と供述しています。

現金については、「知らない」と言っているようです。

逮捕された男も、同じ色のダウンジャケットを着ていたのなら、誤って持ち帰る可能性はあるかもしれません。

しかし、身に覚えのない現金があった時点で、他人のものかもしれないと思って、普通は飲食店に戻ったりしますよね。

なぜ持ち帰ったのか?

逮捕された男が、なぜ他人のダウンジャケットを持ち帰ったのかは明らかになっておりません。

誤って持ち帰ったという風に表現されているため、最初は本当に自分のものと間違って持ち帰った可能性はあります。

ダウンジャケットを持ち帰ったことは認めているので、気づいた時点で返しておけば逮捕されることもなかったのではと思います。

50万円相当のダウンジャケットがどのようなものなのか想像もできませんが、余程暖かかったのか着心地が良かったのかもしれませんね。

占有離脱物横領とは?

占有離脱物横領罪は、占有を離れた他人の物を横領する犯罪です(刑法第254条)。条文上は遺失物等横領罪といいますが、警察から検察庁へ送致される際には占有離脱物横領罪という罪名が用いられます。両者は同じものだと考えればよいでしょう。

占有とは、対象物を事実上支配している状態をいいます。現実に保有している場合や自宅・車に置いてある場合だけでなく、公園のベンチなどに置き忘れて短時間が経過した場合でも占有が認められる可能性があります。

出典:https://keiji.vbest.jp/

占有離脱物横領罪とは、他人のものを横領した場合に適用されるんですね。

置き忘れて短時間が経った場合でも、占有離脱物横領として認められる可能性があるということです。

刑罰は「1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料」です。なお、科料とは1000円以上1万円未満の金銭を徴収する刑をいいます。

出典:https://keiji.vbest.jp/

刑罰としては、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料ということです。

意外と軽いなぁという印象を受けました。

窃盗罪との違いは?

窃盗罪は、他人の財物を窃取する犯罪です(刑法第235条)。万引きやひったくり、乗り物盗などが典型でしょう。占有離脱物横領罪も窃盗罪も、他人の物を自分の物にしてしまう犯罪であることは共通しています。

両罪の違いは、窃盗罪が他人の占有下にある物を自分の物とするのに対し、占有離脱物横領罪は誰の占有下にもない物を自分の物にしてしまう点です。財物に対する他人の占有を排除して強制的に自分の占有下に移動させるという意味で、窃盗罪のほうがより悪質だといえるでしょう。したがって窃盗罪の刑罰は「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」と、占有離脱物横領罪よりも重く定められています。

もっとも、実際の事件でどちらの罪が適用されるのかは判断が難しく、裁判で争われるケースもあります。たとえば路上に置いてある自転車を自分の物として乗って帰ってしまった場合、自転車の所有者が一時的に置いておいただけだと判断されれば窃盗罪、所有者が不明で長期間放置されていれば占有離脱物横領罪とみなされる可能性があります。

出典:https://keiji.vbest.jp/

占有離脱物横領罪と窃盗罪は何が違うのかが気になったので調べてみました。

他人の管理下に置いてあるものを自分のものにしてしまった場合が窃盗罪で、他人の管理下から離れた場所から自分のものにしてしまった場合が占有離脱物横領罪となるようです。

罪としては、窃盗罪の方が重い罪となるんですね。

窃盗罪の刑罰は10年以下の懲役または50蔓延以下の罰金なので、罪の重さが全然違うことが分かりました。

世間の声

無職と公言している富豪は居ますよ。 元々の資産家だったり、不動産関連で収入を得ていたり くじの高額当選を繰り返していたり、生まれながらに運の良い方々 代々貧困から抜け出せないなど色々な人生が有りますな。

47歳無職で時価50万円のダウン着てるって 何で収入を得てる人なのか。

万引きする人もお会計忘れたとか 知らないうちにバッグに入ってたとか言うよね。 誤って持ち帰ることなんてないから。

盗まれた人が50万の価値と言っているだけなのか本当に50万するのか、何のジャケットなのか知りたい

わざと高そうな物を盗んで間違えたと言っているな。 本当に似ていて間違えたのなら現金は返却して当たり前。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ