丸山尚子の顔SNS!介護疲れが犯行の動機?同居親族の首絞めて殺した疑い

出典:https://news.yahoo.co.jp

長野県松本市で6日夜、親族の男性を首を絞めて殺害した疑いで、同居していた丸山尚子容疑者(85)が逮捕されました。

丸山容疑者は6日午後10時半ごろ自宅の一室で、同居する親族・丸山和容さん(63)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。

丸山容疑者の顔や犯行の動機などについて調査しました。

もくじ

事件の概要


警察によると丸山容疑者はきのう午後10時半ごろ自宅の一室で、同居する親族・丸山和容さん(63)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。 丸山容疑者から別居の親族に連絡があり、連絡を受けた親族が、消防に通報しました。 警察と消防が駆け付けたところ和容さんは心肺停止の状態で、松本市内の病院で午前0時すぎに死亡が確認
されました。

引用:https://news.yahoo.co.jp

長野県松本市で6日の午後10時頃、同居していた親族・丸山和容さん(63)の首を絞めて殺害した疑いで、丸山尚子容疑者(85)が逮捕されました。

丸山容疑者から別居している親族に連絡があり、連絡を受けた親族が警察に通報したことで事件が発覚しました。

警察が駆け付けたところ和容さんは心肺停止の状態で、松本市内の病院で午前0時すぎに死亡が確認されたようです。

発見された和容さんには目立った外傷がなく、事件発生が午後10時ごろなので、和容さんが寝ている間に首を絞めたのかもしれません。

丸山容疑者が容疑を認めているかについては、明らかになっていません。

丸山容疑者は殺害した和容さんと2人暮らしでした。

和容さんは持病を抱えており、丸山容疑者が日常的に介護をしていたようです。

丸山容疑者は近所に住む人たちからは評判が良く、「いい人で明るい人だった」との印象を持たれていました。

そんな人がなぜ、このような事件を起こしてしまったのでしょうか。

事件の動機


出典:https://news.yahoo.co.jp

丸山容疑者は和容さんと自宅で2人暮らしをしており、持病のある和容さんの介護をしていました。

和容さんの状態がどのようなものだったかは明らかになっていませんが、介護が必要なぐらいなので歩いたりするのも困難だったのかもしれません。

日常生活のすべてを支えている状態と仮定すると、丸山容疑者は和容さんに付きっきりで面倒を見ていた可能性も考えられます。

そうなると自分の自由な時間を持つことは難しく、もしかしたら外出するのも困難だったのかもしれません。

そう考えると丸山容疑者は非常に窮屈な生活を強いられていた可能性があり、相当なストレスを抱えていたとも考えられます。

丸山容疑者は親族に、「介護に疲れた、殺して私も死にたい」と話している点も、このことを裏付けていると思われます。

また丸山容疑者自体も85歳と高齢です。

いわゆる老老介護の状態ですね。

自分の体も昔のようには動かないのに、成人男性の介護をしていくのは体力的にも相当きつかったのではないでしょうか。

身内とはいえ、そのような状態が続けば我慢の限界がきてしまうのもおかしくはないでしょう。

犯行時刻は夜だったため、いろいろと思い詰めた結果の犯行だったとも考えられます。

さらに丸山容疑者は犯行後、自ら親戚に連絡を取っていることから衝動的に和容さんの首を絞めるという行動に出てしまったのかもしれません。

丸山尚子のプロフィール


出典:https://news.yahoo.co.jp

氏名:丸山尚子

年齢:85歳

職業:不明

罪名:殺人罪

SNSアカウント

申し訳ございません。

丸山尚子容疑者のFacebook等、SNSアカウントは見つけることはできませんでした。

高齢のためSNS等のアカウントは作っていない可能性が高いとも考えられます。

期待させてしまい、お詫び申し上げます。

顔写真


出典:https://news.yahoo.co.jp

申し訳ございません。

ニュース映像では姿が映っているものはなく、顔が判別できるものは見つけることができませんでした。

重ねてお詫び申し上げます。

世間の反応

何があったか知らないけれど すげえばあ様だ。

63→85 かと思ったら逆なのね。

真剣に安楽死を議論してほしい。 介護を受けてまで長生きなんてしたくない。介護する人の生活を崩壊させてまで長生きする意味があるのか。

親族ってどういった関係なんですかね。子供ではないんですね。 85歳じゃ自分が介護されてもいい頃なのに、20歳も若い人の介護じゃ、死ぬまで介護し続けることになる。殺人はダメだけど同情してしまう。

介護も、ここまでくると悲劇だね。安楽死も日本でもっと議論すべきですね。本人も周りも納得しているのであれば、自分で注射器のコックをひねって死ぬぐらいできそうだ。

まとめ

今回は長野県松本市で起きた殺人事件について調査しました。

長野県松本市で、同居している親族の首を絞めて殺害した疑いで丸山尚子容疑者(85)が逮捕されました。

丸山容疑者は同居している親族の介護を日常的に行っていました。

別の親族に、「介護に疲れた、死にたい」と話していることから、介護によるストレスから解放されるために犯行を行った可能性が考えられます。

丸山容疑者が犯行を認めているかは明らかになっていません。

今後の警察の捜査に注目が集まるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ