10代も騙された!ニセ電話詐欺で電子マネー30万円!長崎県佐世保

出典:https://news.yahoo.co.jp/

2022年10月、佐世保市在住の10代大学生がニセ電話詐欺の被害にあい、お金をだまし取られました。

ニュースの概要や詐欺の手口などを調査。

もくじ

ニュースの概要

10月、佐世保市の10代の大学生が30万円相当の電子マネーを騙し取られました。 被害に遭ったのは、佐世保市に住む10代の大学生の男性です。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

2022年10月15日、佐世保市の大学生にショートメールが届きました。

ショートメールの内容を信じた大学生は、表示されていた電話番号に連絡。

会社員を名乗る男性から、「有料サイトセリアの子会社の利用料金が支払われていない。裁判になる」などと言われます。

男性に言われるがまま、コンビニで30万円相当の電子マネーを購入してしまいました。

「裁判」という言葉に焦ってしまったのでしょうね。

警察は、怪しいメールや電話が来た場合、家族や警察に相談するよう呼びかけています。

ニセ電話詐欺とは

ニセ電話詐欺(特殊詐欺)とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振込その他の方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪(現金等を脅し取る恐喝及び隙を見てキャッシュカード等を窃取する窃盗を含む。)の総称で、以下の10類型に分類されます。

オレオレ詐欺預・貯金詐欺・架空料金請求詐欺・還付金詐欺・融資保証金詐欺・金融商品詐欺・

ギャンブル詐欺・交際あっせん詐欺・その他のニセ電話詐欺・キャッシュカード詐欺盗

出典:https://www.police.pref.nagasaki.jp/

ニセ電話詐欺とひとくくりにされていますが、10種類に分類されているということが分かりました。

今回のケースは、架空料金請求詐欺に該当するのではと思われます。

手口が巧妙になっているため、詐欺被害がなかなか減らないようですね。

被害者・未然防止者の声

ニセ電話詐欺被害者の多くは、「自分はだまされないと思っていた」、「詐欺について考えたことがない」などニセ電話詐欺に対する警戒意識が低い傾向にあり、被害を防止するためには、県民一人一人がニセ電話詐欺に対する警戒意識を高めることが大切です。

出典:https://www.police.pref.nagasaki.jp/

ニセ電話詐欺と言えば、高齢者が真っ先に浮かびますが、実際に10代でもお金をだまし取られていることが分かりました。

知識が浅い若年者は、すぐに相談できる両親や警察に頼るということを、学校教育などでもしっかり教えていく必要があるのかもしれません。

ニセ電話詐欺撲滅のための緊急メッセージ

長崎県では、YouTubeチャンネルでニセ電話詐欺撲滅のための緊急メッセージについて投稿されていました。

県全体で撲滅に取り組んでおられますが、若年者でも騙されてしまうということも対策の念頭に置いておく必要があるかと思います。

世間の声

10代で30万か、余裕あるな~。この手のメール何回か届いたけど、この番号警察に届けたので使わない方が良いですよ~。って返したら来なくなった。周りには無視に限るって諭されたけど。

そうやって成長していくのです。ギャンブルで負けたら恨み呪いしかのこらん

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ