大倉忠義の復帰はいつ?難聴、耳鳴りの原因や症状は?18祭はどうなる?

関ジャニ∞でドラムを担当している大倉忠義さん。

そんな大倉忠義さんが2022年4月29日に活動休止を発表しましたが、現状について気になっている方も多いかと思います。

今回は、大倉忠義の復帰はいつ?難聴、耳鳴りの原因は?18祭はどうなる?について紹介します。

もくじ

大倉忠義の復帰はいつ?


大倉忠義さんは体調不良のため、活動を休止することを発表しています。

大倉忠義さんの復帰はいつ頃になるのでしょうか。

大倉さんの病状である「低音障害型難聴」はリンパの流れが滞っている場合は2週間程度で治るそうですが、
血液の流れが悪くなっている場合は1ヶ月から2ヶ月ほど回復までに時間がかかるそうです。

大倉さんの場合「仕事に集中できないほど、耳がおかしくなっている」とのことなので、
復帰までには1ヶ月以上かかるのではないでしょうか。

29日の活動休止発表時には「7月のライブ18祭に万全の状態に臨むために決断しました」とコメントしています。

7月のライブ18祭での復帰を目標として、活動休止を決意されたようですね。

復帰への焦りもあるでしょうが、ゆっくりと休んでファンの前に元気な姿で帰ってきて欲しいですね。

大倉忠義の難聴、耳鳴りの原因や症状は?


大倉忠義さんの病名は「右低音障害型難聴と両側耳鳴り」です。

「低音障害型難聴」は若い人にも多い難聴で、耳が詰まったような感じ、低音の耳鳴りがするなどの症状があります。

何度も発作を繰り返すことが特徴で、再発を繰り返してしますと症状が悪化する場合もあるとのこと。

大倉さんは1年半前から耳鳴りの症状に悩まされ、調子がいい期間もあったそうですが、今月に入り病状が悪化してしまったそうです。

主な原因としてはストレスや肉体疲労、睡眠不足などです。

大倉忠義さんは人前で注目を浴びる仕事ということもあり、感じるストレスも多いことが想像できます。

今年の1月には広瀬アリスさんとの熱愛報道が出たこともあり、色々なことを言われていたのではないでしょうか。

まずはゆっくりと休む時間を確保してほしいですね。

大倉忠義の活動休止で18祭はどうなる?


大倉忠義さんが活動休止することで、7月に予定されているライブ「18祭」はどうなるのでしょうか。

大倉さんが数ヶ月休養した場合、復帰してからのライブの準備などもあるので、
7月に間に合わせるのははかなりのハードスケジュールと言えます。

延期の可能性も考えられますよね。

ファンとしては延期してもいいから、まずはゆっくりと病状を治すことに専念して欲しいという方も多いのではないでしょうか。

焦らずに病気を治して、5人揃った元気な姿をステージで見れることを楽しみにしています!

大倉忠義の活動休止に対する世間の反応は?

大倉忠義さんの活動休止に対して、世間ではどのような声があるでしょうか?

ここからは世間の反応を見ていきたいと思います。

ファンの意見としては、まずはゆっくりと休んで病気を治して欲しいというものが多いですね。

【まとめ】大倉忠義の復帰はいつ?耳鳴り、難聴の原因は?18祭はどうなる?

今回は、大倉忠義の復帰はいつ?難聴、耳鳴りの原因は?18祭はどうなる?について紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

【未来への10カウント】高橋海人の衣装を調査!(Tシャツ、スニーカーなど)

【悪女】江口のりこの衣装を調べてみた!(服、ピアス、バッグなど)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ